失敗と友達になる方法

For English, click here.

失敗から学ぶ人もいれば、失敗を無駄にする人もいます。彼らの違いは何なのでしょうか?

新しいことに挑戦するとき、頑張って成功しようとしますよね。失敗を避けようとするのは当然の話です。でも、失敗だって悪いことばかりではありません。実際、失敗からしか学べないことだって沢山あります。ときには、失敗に感謝することもあるでしょう。

そんなに悪いものじゃないのなら、どうして最初から失敗を避けようとするのでしょうか?

「期待していた結果が得られなかった」だけではないはずです。それは成功した場合にも言えますし、期待以上に成功すれば、それだけ嬉しくなるでしょう。

また、同じ結果になっても、一人のときなら失敗しても平気だけど、人前では失敗したくない、という人も多いはずです。

人が失敗を避けようとするのは、弱点が丸見えになるからではないでしょうか。弱点が丸見えになれば、脆弱になる。脆弱になれば、不安になる。不安にはなりたくないので、失敗はしたくない。

これが、一人のときなら失敗しても平気なのに、人前になるととたんに失敗が怖くなる理由だと思うんです。一人なら、脆弱になっても不安になる必要はありません。絶対に誰も攻撃してきませんから。

人前で失敗するのが怖すぎて、人前では何も挑戦できなくなってしまった人もいるでしょう。彼らにとって失敗とは脅威であり、逃げる対象なのです。

しかし、人前で失敗することにそれほど抵抗がない人だっています。一般的に、彼らの方が失敗から学ぶことが上手なように思います。彼らにとって失敗とは、自分たちが向上するチャンスなのです。

失敗して弱点が丸見えになれば、何を向上すればいいのかもハッキリ見えるようになります。逆に全てが上手くいっているときは、弱点がよく見えないので、何を向上すればいいかもよく分からなくなります。これが、失敗は自分が向上するいい機会になる理由です。

僕は、この弱点が丸見えになることが、失敗から得られる一番価値のあるものだと思っています。もしかしたら、失敗から得られる唯一のものかも知れません。言い換えると、失敗してもそこから何も学ばなければ、失敗を無駄にしていることになります。

誰も、無駄にすることは好きじゃないですよね。ただ失敗するよりも、そこから何かを学べた方が良いにも決まっています。けど、失敗から学ぶことだって、そんなに簡単なことではないんです。

失敗から学ぶには、自分の弱点と向き合わなければなりません。自分の弱点と向き合うには、自分の弱点を丸見えにしなければならないし、自分の弱点を丸見えにするということは、特に人前では、自分を脆弱にするということです。しかし、多くを学べるような重要な事柄は、基本的に他人と交流している間に起こります。では、どうすれば実際に失敗から学ぶことができるのでしょうか?

一つの方法は、他人より上手くやろうと意識するのを止めて、自分自身が向上することを意識し始めることです。自分が他人より良かったり悪かったりしても、自分自身が向上している限り、どうってことないんです。

継続的に向上するには、継続的にありのままの自分でいることが必要です。向上は自分自身の問題です。他人との順位は関係ありません。世界で一番になったって、全然向上していないことだって有り得ますし、その逆も言えます。

継続的にありのままの自分でいるには、継続的にありのままの自分を見ることが必要です。失敗をしたときも、言い訳はしないようにしましょう。あなたの良い部分も悪い部分も、ありのまま見ることが必要です。もし事実を曲げてしまえば、何が弱点なのかよく分からなくなり、間違ったことを向上したり、何も向上できなくなったりしてしまいます。

これを自然にできるようになるには練習が必要ですが、少しなれると、こっちのほうが見えを張りながら生きるよりも簡単だと思えるようになるでしょう。

「でも、他人より良くなりたい!」と思ってしまいますか? 全然OKですが、自分がなぜ他人より良くなりたいのか考えてみてください。

なぜかを考えると、もっと大きく個人的な理由が見えてくるはずです。それは、他人より良くなること自体には、何も価値がないからです。じっと椅子に座っていたって、他人が今より悪い状況になれば、あなたは他人より良い状況になります。あなたは、それがもたらす他の何かを欲しているはずです。

他人からの敬意が欲しいのでしょうか? 他人からの愛が欲しいのでしょうか? 他人から何かが欲しいんですよね? 自分を他人と比べようとしているので、あなたが本当に欲しいものも、他人が関係していることでしょう。

本当に欲しいものが何であれ、もう一度、どうすれば一番効果的にそれを得られるか考えてみてください。例えば、あなたは他人からの敬意が欲しいとしましょう。あなたは自分をより大きく見せようとする人を尊敬しますか? 失敗するのが怖いと認めたくないばかりに、言い訳ばかりする人を尊敬しますか?

そのようなトリックは短い間だけ効果があるかもしれませんが、すぐにバレてしまいます。それを続けていると、常に仮の自分にすがる事になり、「自分に正直に生きたらどんな人生になっただろう」と後悔することになるでしょう。実際、死ぬ間際に人がする一番多い後悔は、それだそうです

あなたが本当に欲しいものが何であれ、継続的に向上することが、一番効果的にそれを成し遂げられる方法なはずです。結局、他人は操作できないので、自分と他人を比べるのは自分が向上するための集中力を削ぐだけなのです。

失敗から学ぶのが上手な人もいれば、失敗を無駄にする人もいます。失敗はあなたの弱点を丸見えにするので、あなたを脆弱にします。失敗したとき、それを自分が向上するチャンスだと思う人もいれば、それを脅威だと思い逃げる人もいます。失敗から学ぶには、ありのままの自分であることが必要です。ありのままの自分であるためには、ありのまま自分を見ることが必要です。

Shogo Wada

楽しさと実用性の両立が好き。プログラマー。