「ヒーロー」に注意

どこの企業にも、大抵、「仕事ができる人(ヒーロー)」がいます。一見、誰よりも企業に貢献していそうなヒーローですが、使われ方によっては、作業の流れを悪くしてしまうこともあるんです。 ITの現場でよく見られる例を挙げると、ヒーローがいないと、どのように動いているのか分からないアプリケーションや、»