多様性とアイデアとビジネス

近年、女性の社会進出や、外国人の雇用など、多様性を推進する動きがよく見られますよね。しかし、例えば女性や外国人が仕事をしたからといって、その能力に違いが出るわけではありません。日本の男性が同じ仕事をしても、同じ結果になるでしょう。それでも、「多様性」というのは、ビジネスを成功に導く上でとても重要なことなのです。それは、なぜなのでしょうか。

何かを始めるには、まず最初に、アイデアが必要になります。これは、ビジネスでも同じです。いいアイデアなくして、いいビジネスはできません。

「いいアイデアを出す」というのは、とても難しいことです。そんなアイデアの質を高めるには、どうすればいいのでしょうか。

新しいアイデアというものは、大体、既存のアイデアを組み合わせて作るものです。つまり、よりよいアイデアを作ろうと思えば、より多くの知識を得ることと、様々な観点から物事を見ることが重要になります。

しかし、人間、知識を広げるのも、様々な観点から物事を見るのも、簡単なことではありません。でも実は、とても簡単かつ効果的に、その両方を達成する方法があるのです。それは、様々な人を集めることです。

様々な人を集めることによって、簡単かつ効果的に知識を広げ、様々な観点から物事を見ることができるので、よりよいアイデアを導き出すことができるようになります。

つまり、相手があなたの知らないことを知っていたり、違う考えを持っているということは、アイデアの相乗効果を得るチャンスなのです。言い換えると、アイデアを出す上で、相手とあなたが同じことを知っていたり、同じ考えを持っている場合は、どちらか一人は不要だということになってしまうのです。

以前、職場の中に、同じような知識や考えを持った人たちが集まった開発チームがありました。このチームでは、新しいアイデアが生み出されることはなく、いつまでも時代遅れの方法や技術で開発を進め続けていました。結果、周りに比べて、どんどん製品の開発スピードや質が落ちていってしまいました。

一方、同じ職場の中に、とても多様性に富んだ開発チームもありました。物事をみる観点も皆それぞれ違っていたので、このチームでは、頻繁に新しいアイデアが生まれていきました。生み出されたアイデアも画期的なものが多く、チームとしてどんどん進化していき、値段と質のバランスが取れた製品も、次々と開発していきました。

いいアイデアを出すということは、ビジネスを成功に導く上で、とても大切なことです。いいアイデアを生み出すには、多くの知識と、様々な観点が必要になります。そして、それらを達成するには、様々な人を集めることが一番簡単かつ効果的なのです。つまり、様々な人を集めるということは、ビジネスを成功に導く上で、とても効果的なことなのです。

Shogo Wada

楽しさと実用性の両立が好き。プログラマー。